ケール 青汁

ケールについて

青汁=ケールと言われていますが、何故ケールが良いのでしょう。
そして、ケールとは何なのかをここでは説明しています。

ケールとはアブラナ科の植物になります。
キャベツの原種で、日本では独特の味がして、クセがあるせいか、ケールを料理としてそのまま食べる習慣は無く、青汁用として栽培されているものになります。
欧米では、ロールキャベツ等の料理にケールを使用している様です。
ケールの生葉100gの中には、蛋白質3.9g、脂質0.6g、糖質7.2g、リン67mg、カルシウム225mg、ビタミンA3300IU、ビタミンB1 0.15mg、ビタミンB2 0.325mg、ビタミンC 125.5mgが含有されていますので、とても栄養のある植物になります。

ケールの青汁には、葉緑素や繊維質で腸の有害物質の排泄を促進して、整腸作用の役割があります。
上記に説明した事から青汁を毎日飲み続けると、健康な身体に改善されていく事は間違い無いですし、便秘の解消にもなってとても良いでしょう。
また、ケールの働きは肝機能を高めたり、血中のコレステロールを低下させて、高血圧症を改善させたり、血糖値を正常に戻す作用もあります。
この為、肥満の改善にも役立つでしょう。

また、ケールは現代の食生活に不足しがちな食物繊維やカロチン、カルシウム、鉄、リン等の成分も配合されているので、お肌はもちろん身体の中も若返りにとても効果があります。

このように、ケールにはさまざまな効果が期待されているので、たくさんの種類のサプリメントやお薬を服用するより、青汁1杯で健康体になれる事間違い無しですね。
費用はかさみますが、コスメ用品やサプリメントを多様多種にそろえるよりは安くつく事間違いないでしょう。
    ▼▼ 最近、購入者が急増中の青汁はこちら ▼▼

青汁関連情報