成分 青汁

青汁の成分について

青汁にはいろいろな種類があり、その青汁によって入っている成分が違います。
自分には、どんな成分が入っているものが合っているのかや、どんな成分が入っている青汁が飲みやすいのかを把握して、青汁を購入するようにしましょう。

まず、青汁の成分で有名なのがケールですね。
ケールは野菜の王様と言われているぐらい栄養価が高い野菜になります。
ケールは腸の有害物質の排泄を促進して、整腸作用があります。
その為、便秘が治ったりダイエットにも適している成分となります。
その次によく青汁の成分で見られるのが大麦若葉ですね。
大麦若葉は消臭作用がありますので、青汁の青臭さを無くしてくれます。
味は抹茶風味で飲みやすいでしょう。
また、収穫時期が厳冬期である為農薬を一切使用しないといった安全性がある為、今はケールより少し人気が高い成分となっているようです。
大麦若葉には、ビタミン・ミネラル・数々の酸素・抗酸化成分が含まれていますので、健康にとても良いでしょう。

ゴーヤーの成分が入った青汁もあります。
ゴーヤーは沖縄のスタミナ野菜として有名ですが、ゴーヤーのあの独特の苦味はモモルデシンという成分です。
モモデルシンはビタミンCを多く含み、ビタミンCは加熱すると消滅してしまうと言われていますが、ゴーヤーに含まれるビタミンCは果皮が固いのでその成分が失われるのを防いでくれます。
この為、ゴーヤー成分の入った青汁は健康にはもちろん美容にもとても良いでしょう。

その他にも青汁の成分はたくさんあります。
緑茶・桑の葉・よもぎ・いぐさ・明日葉・青じそ・豆乳・レモン・海草・遠赤外線・無農薬とたくさんの種類があります。
どれも野菜不足を補う為の健康成分ですが、入っている成分によって微妙な効果の違いがありますので、いろいろ調べてみましょう。
    ▼▼ 最近、購入者が急増中の青汁はこちら ▼▼

青汁関連情報